ベトナムでIT業界の経験を活かして働く

IT関連の業界での勤務経験や、Webエンジニアとしての実務経験はベトナム就職を行う上では、求人数も比較的多く給料も日本と同じくらいのレベルまであります。

IT業界での求人は、ベトナムでなくても同じ東南アジアはもちろん海外の他の国でも募集があるので、知識だけでなく実務経験を積んでいればベトナム就職や海外就職に非常に便利に働いてくれるで、転職のハードルは下がります。
またWEBエンジニアであれば、就労ビザにおいても専門職として認識されるため、実務経験があれば比較的容易に就労ビザの取得が出来ます。

では、ベトナムでのIT関連就職について話していきます。

ベトナムにおいてIT関連での転職は、日本で得た資格はあまり役に立ちません。それが日系企業であっても同じです。理由は色々あるのですが、ベトナムなど海外におけるIT関連職はチームのリーダーや組織をマネジメント出来る人を欲しがる傾向にあるためです。この理由から未経験の人はかなり就職・転職が難しく、実務経験があれば資格がなくても就職・転職を成功させることが出来やすいです。

たまに居るのですが、東南アジアはITレベルが劣っているからという理由で専門学校や大学を出たばかりで何ら経験がなく就職し勉強したいという人に合いますが、日系企業に関わらず海外現地法人で実務を教育出来る人材を確保する余裕がある会社はありません。ベトナム語が話せれば、ベトナム人に混じってということが考えられますが、給料はベトナム人と同じで良いという場合以外は現実的ではありません。

ベトナムで求められるIT関連の職種は、各種エンジニアとWEBデザイナー・UIデザイナー、ITプロジェクトマネージャーが多いです。特にキャリアアップを目指すとなればITプロジェクトマネージャー経験がないと非常に厳しいです。あと意外なところになりますが、エンジニアの経験がある営業職も求められています。

ベトナムIT関連会社の待遇面は日本と比べると良いかもしれません。もちろん給料や金銭的な待遇面は劣ることが多いですが、物価を考慮したら気になるレベルではありません。
金銭面を除けば日本よりも良い点が多々あります。それは何と言っても残業がないことだと思います。ベトナム人は終業時間になると皆んな帰ってしまいます。残っているのは日本人くらいですが、やりたければ、やればいいという感じなので、帰っても何も言われません。
ベトナムは社員同士のレクリエーションが好きです。そのため、社員旅行だけでなく誕生日会やクリスマス会など色々なレクリエーションがあります。それによって、社員同士の関係性が構築しやすくチームで行うことが多いので非常に役に立ちます。

ベトナムのIT専門家達の高い需要から給与引き上げ

同国は、今後ソフトウェア開発のアウトソーシング中心国の1つになりうる、と業界関係者は述べています。
 
最近の調査によると、ベトナムの発展している情報技術(IT)は募集需要を押し上げ、技術職の給与を引き上げていると見られています。

81%のIT企業が年率6%から20%の年間給与を計画していると回答したことから、職業募集企業であるベトナムワークスも昨年末に数千人のITや他の専門家、そして企業共に実施した調査で同様の計画を表明しました。
業界の雇用需要はこれまで以上に高まっており、今後数年間にわたってこの傾向は続くでしょう、と同調査は指摘しました。

キャリアリンクベトナムのデータによると、技術者の数は過去3年間で2倍となり、ベトナムは現在約25万人のエンジニアを抱えているが、2018年末までには40万人以上が必要になると付け加えました。経験豊富なソフトウェア開発者とマネージャーは依然として高い需要があると同調査から判明されています。
近年、給与は大幅に増加しており、多くの企業は従業員を引きつけ維持するために寛大な賞与を提供しています。この調査によると、少なくとも2年間の経験を持つITプロフェッショナルを必要とする仕事の場合、日本人であってもベトナム人であっても過去最高額へと増加している傾向にあるとわかっています。

15年前に日系企業だけでなく外資系企業の多くが低コストの技術アウトソーシングの機会を得ようとインド以外の国々に目を向け始めたときに、ベトナムではソフトウェア開発サービスを提供し始めた。
IT系人材紹介会社の統計によると、ベトナムのIT労働コストが中国やインドよりも40%安いと見積もっています。しかし、現地のテクノロジー企業は、他のサービスへの多様化が進んでいるのが現状と考えています。これにより、日本人IT技術者の需要としては、組織管理や情報管理などの他の分野の専門家の採用が促進されると見込まれています。

IT関連の就職や転職はキャリアリンクベトナム
ベトナムのIT系プロフェッショナル人材はロバートウォルターズ(サイトは英語のみ)
 
現在、キャリアリンクベトナムによれば、少なくとも2年以上の経験を有するソフトウェアエンジニアが依然として需要が高いと考えています。ホーチミン市は依然として同国の雇用需要の53%を占めるIT中心地となっています。この調査によると、ハノイ市は43%、ダナン中心都市は4%を占めています。

専門家は、クラウド算定、大規模データ、組織管理、そして情報管理の専門家の需要が高まると予測しています。2017年のIT業界の重要なトレンドは、大規模データの専門家の募集を促すでしょう、とベトナムプラスは、PYCOグループの役員であるヴィン・グエン氏を挙げて表明しました。
 調査によると、回答者の44%が、より良い給与と利益を提供する仕事へと変更することを考慮に入れています、と明らかにされています。