日本企業、ベトナムで勢力広げ、習慣優先権を習得

税関総局(GDC)は、北港のハイフォンに日本のプリンターメーカーである富士ゼロックスハイフォン株式会社を優先企業として認定されました。
 この状況により、会社は特別関税の優遇措置にアクセスすることができ、手続きの回数を減らし、税金割戻しが先に行われてから支払いが後にされ、商品を迅速に清算し、複数の輸出入の商品宣言システムを確立することが可能となっています。
 通関手続、税関検査、企業が輸出入商品を監督するための優先政策の適用を規制する72/2015 / TT-BTC循環の下で、企業は優先企業と考慮に入れてもらうために、毎年輸出入総額1億ドル以上を保持している必要があるとのことです。




 農業漁業会社の条件付き年間輸出収入は3000万ドルにも及びます。
 一方、ベトナムで輸出用製品を製造する企業は、年間4000万ドルの収入を得れば、この地位にあると見なす可能性もありうります。
 税関総局(GDC)によると、富士ゼロックスに適用される優先企業ステータスは3年間続くであろうとのことです。この期間が満了しても会社が依然として必要条件を満たしている場合は、その期間を延長することも可能です。
 富士ゼロックス ハイフォン支社は、2012年にトゥイグエン地区のVSIPハイフォン工業地帯に設立されました。資本金は3,600万米ドルで、市内最大の外国直接投資企業の1つであります。
 同社は、レーザープリンター、デジタル電子複写機、レーザースキャナー、および関連部品の製造と輸出を専門としていおり、 2016年8月現在の従業員数は2,200人まで到達しました。
 現在、8つの企業はハイフォンでの関税の優遇措置に大いに満足しているとのことです。
 GDCの事後監査部門によると、現在ベトナムの約63社がこの方針(VNA)を利用していると表明されています。