日本省庁はベトナムが日本の第2位の外国人労働者源と発表

日本厚生労働省の統計によると、ベトナムの労働者は日本の外国人労働者の16%を占め、中国に次いでベトナムの2番目に大きな労働供給業者となっている。


 2016年10月現在、1月28日金曜に発行された東アジア労働報告書によると、日本の100万人以上の外国人労働者の内30%が中国人となっています。
 ベトナムは中国の次に位置し、2016年の外国人労働者の16%を占め、2015年の統計から50%の増加となっています。
 日本省庁によると、2016年は外国人労働者が100万人を超えた最初の年で、前年の2015年より20%増加と判明しました。これらの労働者のほぼ20%がインターンとして働いています、と報告書は明らかにされました。
 また昨年は、高齢化の結果として国内労働者不足を埋め合わせるために、他の国々の労働者を引き続き探しているため、日本の外国人労働者の増加は4年連続トップとなりました。
 日本は1991年以来、最も重大な労働危機に直面しており、国際通貨基金(IMF)が外国人労働者政策の緩和を求めています。
 安倍晋三首相は、移民労働者を探す前に女性や高齢者も労働対象者として配慮すべきであるとの見解を表明しましたが、地域政策立案者達は、外国人労働者の雇用は必ずしも移民であるわけではないとして主張しました。
 2020年の夏季オリンピックを東京で開催する準備が進められているため、労働需要が急増している建設分野では、日本の労働力不足が最も深刻であるのが現状況と述べています。
 2011年に発生した震災と津波災害後の復興事業だけが大いに夏季オリンピックの建設問題となっています、と専門家は明らかにします。
 2016年10月現在、2015年末に雇用された2万9000人の労働者数に比べると、日本の建設業界では41,000人以上の外国人労働者が働いているのが現状です。