ベトナムでIT業界の経験を活かして働く

IT関連の業界での勤務経験や、Webエンジニアとしての実務経験はベトナム就職を行う上では、求人数も比較的多く給料も日本と同じくらいのレベルまであります。

IT業界での求人は、ベトナムでなくても同じ東南アジアはもちろん海外の他の国でも募集があるので、知識だけでなく実務経験を積んでいればベトナム就職や海外就職に非常に便利に働いてくれるで、転職のハードルは下がります。
またWEBエンジニアであれば、就労ビザにおいても専門職として認識されるため、実務経験があれば比較的容易に就労ビザの取得が出来ます。

では、ベトナムでのIT関連就職について話していきます。

ベトナムにおいてIT関連での転職は、日本で得た資格はあまり役に立ちません。それが日系企業であっても同じです。理由は色々あるのですが、ベトナムなど海外におけるIT関連職はチームのリーダーや組織をマネジメント出来る人を欲しがる傾向にあるためです。この理由から未経験の人はかなり就職・転職が難しく、実務経験があれば資格がなくても就職・転職を成功させることが出来やすいです。

たまに居るのですが、東南アジアはITレベルが劣っているからという理由で専門学校や大学を出たばかりで何ら経験がなく就職し勉強したいという人に合いますが、日系企業に関わらず海外現地法人で実務を教育出来る人材を確保する余裕がある会社はありません。ベトナム語が話せれば、ベトナム人に混じってということが考えられますが、給料はベトナム人と同じで良いという場合以外は現実的ではありません。

ベトナムで求められるIT関連の職種は、各種エンジニアとWEBデザイナー・UIデザイナー、ITプロジェクトマネージャーが多いです。特にキャリアアップを目指すとなればITプロジェクトマネージャー経験がないと非常に厳しいです。あと意外なところになりますが、エンジニアの経験がある営業職も求められています。

ベトナムIT関連会社の待遇面は日本と比べると良いかもしれません。もちろん給料や金銭的な待遇面は劣ることが多いですが、物価を考慮したら気になるレベルではありません。
金銭面を除けば日本よりも良い点が多々あります。それは何と言っても残業がないことだと思います。ベトナム人は終業時間になると皆んな帰ってしまいます。残っているのは日本人くらいですが、やりたければ、やればいいという感じなので、帰っても何も言われません。
ベトナムは社員同士のレクリエーションが好きです。そのため、社員旅行だけでなく誕生日会やクリスマス会など色々なレクリエーションがあります。それによって、社員同士の関係性が構築しやすくチームで行うことが多いので非常に役に立ちます。