実習生や熟練労働者のための海外就労システム

海外労働部の副局長であるファン・ヴィ・ホンは、今年の高技能労働者には海外に多くの雇用があると述べています。
 
労働者の質は、労働輸出において本質的に重要であり続けています。 特に、海外に派遣された労働者数は3年連続で10万人を超えており、需要には兆候は見られておりません。日本に送られた多数の労働者は、注目に値しています。2016年の労働者は4万人で、前年の2万7000人に比べて13,000人多い結果となっています。 近年、日本市場への期待が高区なっていることから、ベトナムの労働者の質は大きく変化していると言えるでしょう。しかし、海外に派遣される労働者の数が安定的に増加しているにもかかわらず、特に日本、韓国、ドイツなどの良い賃金を提供している国では、留学生の就労要件には注意を払う必要があるのも現状です。
 
この傾向を考えると、労働者と企業は何を準備すべきでしょうか。海外契約を求めている労働者は、自分自身を健康に保つことのほかに、相手国の言語と文化を十分に習得し、プロの技術を高める必要があります。厳しい市場に熟練労働者を供給する準備を整え、より多くの努力と資本を人材育成に投資しなければなりません。

今後、海外の労働省などは、海外に派遣された労働者の技能と能力の向上に重点を置くようになるでしょう。海外で派遣される前に、労働者を募集し、研修を提供する実習生送り出し機関をより厳格に監視するだけでなく、地方政府や企業と協力して、海外で就職する際の社会政策受益者の支援政策を実施する必要が出てくるでしょう。
部門の優先事項として、熟練労働者輸出のための2017-2020(2025年に向けたビジョン)計画を完成させ、首相に承認申請することがまず第一に考えられてます。

多くの実習生送り出し機関が不公平な競争に巻き込まれ、人材の品質管理を行えず、労働者からの不正な手数料を徴収しているのが現状としてあります。

現在、実習生送り出し機関は自ら募集プロセスを組織しており、現地の労働庁、県や地方自治体の省庁の雇用センター、青年連合、農民組合、女性組合などの組織と協力して募集過程を組織しています。この協同計画では、適切な労働者が紹介され、海外の雇用機会に関する情報が提供され、関心のある労働者に提供されるカウンセリングを行っています。

民間企業と地方自治体が協力することは、応募者をより効果的に管理し、従業員が仲介者をスキップしてコストを大幅に削減できるよう支援ができることが証明されています。