ベトナムと日本間での経済貿易協力の強化

ベトナムと日本の経済貿易協力を促進するためのワークショップが9月20日に日本の東京で開催され、約120名のベトナムと日本の企業から代表者が集結しました。

 このイベントは、ホスト国のASEAN-Japan Centerとベトナム商工省(MOIT)によって共同開催されました。
 セミナーでは、日本ASEAN事務局長の藤田正孝が、両国のビジネス界の実りある協力を高く評価しました。また藤田氏は、輸出入両国の親会社や子会社を通じて取引活動を推進しているベトナムと日本間の輸出活動を強化する方法を提案しました。
 また、両国の企業が資本関係を築くことはできないかもしれないが、ベトナム側は日本企業との下請けを行い、輸出を安定させ、貿易の発展を促進するべきだとも提案しています。
 ベトナムの投資誘致政策については、ベトナム貿易振興機構(MOIT)のブイ・ティ・ティアン・アン副所長は、2017年の最初の6カ月間では、日本がベトナムで最大の外国投資家であり、国の総投資の26.45%を占める50億8,000万米ドルもの額を投資しました。
 その間、日本は186件の新規承認プロジェクトを導入し、それらは約4億6,000万米ドルにも値します。そして総登録資本金は50億米ドルを超えているのが現状です。


 現在、ベトナムでは、カントー、ビン・トゥアン、ティエン・ガン、タイ・グエン、ソック・トラン、ソン・ラ、ニンビン州のハイテク農業計画、そして高品質の有機米、野菜、果物やお茶を生産する計画、籐や竹の原材料の開発に加えて、日本の投資家達を引きつけています。

 このイベントは、両国の企業に共通の利益の分野における投資を交換し、促進する機会を提供しています。

 この機会に、ベトナムと日本の企業間の経済契約や協力文書の多くは、ベトナムのフン・イェンプラスチックJSCとプラスチック分野の日本日越との間で契約を締結したことで署名されました。