大学教育はベトナムの雇用の悪化につながる可能性がある

ベトナムのトップ大学の経済学者にもかかわらず、今日、ハノイのバイクのタクシー運転手として月に約250ドルを稼いでいる人がいます。 そっれは、失業率がわずか2.3%であるにもかかわらず、雇用を失った多くのベトナム大卒者がいることを物語っています。

彼は、この現象が大学で受けた重い理論的訓練と共産主義の歴史を持つホーチミンのイデオロギーの大部分に結びついていると考えています。ベトナムの機関は、低賃金階級やファイル雇用のための基本的なスキルを学生に備えていますが、その高等教育機関は、より高度に熟練した職場での青少年の準備に失敗しています。この見通しは、賃金が上昇し、より安価な代替案のための基本的な製造拠点として、中所得地位を達成するという政府の野心に最終的に影響を与える可能性があります。

次の経済ステージに成功する国は、中所得国では教育システムを開発することが多い。シンガポール、韓国、台湾では、高等教育の質が向上するに先立ち、高等教育を発展させました。逆に、学校制度の改善に失敗した国々は、苦痛の状況に直面しているか、現状維持されています。

ベトナムの大学生は、雇い主が必要とする関連スキルとは対照的に、革命的リーダーのホーチミン、社会主義、党史について学ぶ最初の2年間の多くを費やしています。多くの民間企業や外資系企業は、より高度に熟練した労働者を求めており、同等のスキルが不足している職場の従業員に対しては、より多くの賃金を支払うことを好まないです。卒業生の失業率は現在17%です。そのため、より多くの保護者が仕事の見通しを向上させるために海外に留学するように子どもを送っています。

ベトナム政府は高等教育機関の研修の質を向上させる試みを行っているが、進歩はまだ比較的遅いです。また、1997年の識字率97%にもかかわらず、労働科学研究院によると、昨年、ベトナムの労働力の3分の1しか高等学校の学位を持たなかった。ベトナムは、急速な拡大率にもかかわらず、生産性の記録が低く、経済は東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国で最も弱い工業生産性レベルの1つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です