貯金をすることに幸せを感じるベトナム人

消費者が見て購入するものを調査することに焦点を当てた世界的な業績管理会社であるNielsenがまとめた最新の消費者信頼感レポートによると、ベトナムの人々の72%が就労で得た収入の中から余裕をもって現金を貯蓄しています。

これは、世界的な非営利団体「The Conference Board」とのニールセンの協力の一環である、この指数によれば、ベトナムの消費者が依然として貯蓄に強い親和性を持っていることを示す、昨年と比較して6%の増加です。

報告書によると、ベトナムの人々は、他の東南アジア人よりも貯蓄する傾向があります。

Nielsenの報告によると、ベトナムの人々は、衣料品の支出を減らし、家庭外のエンターテイメントを削減し、ガスと電気を節約することによって、この高い貯蓄率を達成しました。

しかし、ベトナム人を窮屈な人物と判断するのは迅速ではありません。指標によれば、必要不可欠な生活費がカバーされれば高価な商品に費やすことが熱望されています。ベトナムの消費者の約半数は、衣類(49%)と休暇(44%)に余裕を持たせようとしているといわれています。

ベトナム人はまた、生活の質を向上させるために新技術製品や家庭用品を購入したいとしています。

報告書によると、雇用保障はベトナム国民にとって最大の懸念事項であり続けている(46%)。他の重要な懸念事項は、健康、仕事/生活のバランス、経済、両親の福祉と幸福です。

「雇用の安定と経済の状態に対する懸念はほとんどない」と指摘した。 これらの懸念は、2017年の最後の四半期からわずかに上昇した。消費者は消費意欲をより慎重にし、日々の経費を抑えるよう動機づけられるだろう」とNielsen Vietnamのマネージングディレクターは述べています。

ベトナムの消費者信頼感スコアはアジアでは比較的高く、消費習慣や貯蓄の決定はまだ世界経済によって深刻な影響を受けていないとNielsen氏は指摘する。 フィリピンとインドネシアの後、ベトナムは世界で3番目に高い信頼スコアを記録しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です