日本企業がベトナムに投資機会を求める

日本の神奈川県では、計画投資省と日本のベトナム大使館と共同で、9月15日に横浜でベトナム・日本投資協力フォーラムが開催されました。

 このイベントでは、約200の日本企業からの参加者と、ベトナムのダクラク、ハナム、フンイェン、ホウジャンなどの各地域から40以上の企業が参加しました。
 フォーラムでは、神奈川県の黒岩裕治総裁は、豊かな労働力を備える投資環境や、6%以上の高い経済成長率と良好な政策と行政手続改革を維持している事実に対して、ベトナムの投資環境を高く評価しました。黒岩裕治知事は、このフォーラムを通して、日本企業が今後もベトナムへの投資を継続できるようにという希望を表明しました。
 ベトナムのグエン・クッククォン大使は、このイベントに対処するため、ベトナムと日本の友好関係が両国の経済協力の基盤であると述べ、また、ベトナムは日本企業にとって最も魅力的な投資先の一つとなっているとも明らかにしました。大使は、神奈川県にこのフォーラムを開催してくださったことに感謝の意を表するとともに、黒岩裕治知事のより良い二国間関係への取り組みを称賛しました。

 フォーラムの枠組みの下、ベトナムのダクラク、ハナム、フンイェン、ホウジャンの各省は、日本企業が地域に投資することを奨励することを目的とした、日本の企業に対する地方の強み、可能性、支援政策を紹介しました。実際それらのプレゼンテーションは多くの日本企業の注目を集めています。
 神奈川の人口は約900万人で、東京に次いで日本で2番目、GDPは3,000億米ドル以上となっています。神奈川県は、日本でベトナムに投資しているひとつの県となります。さらに、独自の工業団地がベトナムのフンイェンにあるとも知られています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です