ドンナイ地方で共同経営者を探す日本の会社

9月27日、ベトナムのドンナイ地方で、80以上もの日本の投資企業・地方企業が揃い、国際貿易会議が開かれました。

 ドンナイで経営が運営されている一方、日本企業の代表者達は、60〜90パーセントもの生産資材を輸入しなくてはなりませんでした。それため、日本企業者達は、適したベトナム共同経営者を見つけ、地方化率を上げるよう表明しました。

 ホーチミンの日本経営団体(JBAH)の総長である門脇恵一は、会議が、特にベトナムで経営されている日本企業で、使用されているベトナム産の資材の使用率を上げる事に重点を置いた合併事業をより多く行えることを望みました。このように協同携帯することで、無駄な費用を減らし、ベトナムと日本の貿易の発展に貢献するだろう、と彼は述べました。

 ドンナイ工業・貿易省の副所長であるレ・バン・ロク副官は、ある種の行事は地方企業にとって日本の共同経営者と繋がる良い機会であると前向きな意見を示しました。

 ロク副官によると、ドン・ナイはその経営環境を改善し、地域と外資系企業との業務提携を促進し、なおかつ支援力のある産業、サービス、そして海外から輸入された安価な資材をできるだけ減らせるような高度技術事業を増やす事に働きかけている、とも述べます。

 公務団体によると、日本は今やドン・ナイでは、3950億ドルにもよる220の事業を持ち合わせた3番目に大きな外国投資国となっています。

 またこれらの事業に参加することによって、ベトナムで開かれる会議で、商品を表に出すことに成功しました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です