MEMSセンサー産業ワークショップ最終計画

2017年9月25日ホーチミン市人民委員会の任命と助成金の下で、サイゴンハイテクパークの社長であるホーイック・クック博士は、ホーチミン市にあるMEMS /センサーフォーラムの創立を行うと報告しました。
ホエン・ビン社のル・ベト・ハイ社長兼CEO、ティエン・プーアック社のCEOのグエン・タン・ラップ氏、SSCの社長兼CEOグエン・ミン・ヒュウ氏、そして米国のセンサー会社デュナンセンシング(カリフォルニア州サンノゼ)のCEOであるトム・グエン氏達は互いに協力し合い、2017年11月9日ベトナムのホーチミン市にあるル・メリディアン・サイゴンで開かれる第1回MEMS /センサー実用化ワークショップの最終プログラムを発表しました。午前9時〜午後4時30分の間に行われる技術プログラムには、ベトナム市民の生活の質の向上を可能にするさまざまな微小電気機器システム(MEMS)とセンサーを扱う米国の数名の世界的な専門家達を取り上げる予定です。

ル・メリディアン・サイゴンで開かれるMEMS FORUM(サイトは英語のみ)
ホーチミン1区にある5つ星ホテル ル・メリディアン・サイゴン(サイトは英語のみ)

取り組むべき課題は、環境モニタリング、電子医学(電子医学)、農業・水産技術を活用しているスマートシティ・グリーン都市に適用されるものとして、IoT(モノのインターネット)を含んでいます。加えて、ベトナムで行われるMEMS /センサーの進化と将来の機会の序論と概要はトム・グエン氏によって表明されるでしょう。ロジャーグレース社(フロリダ州ネイプルズ)の社長、フォーラムの技術委員長が技術開発集団とその結果として得られる経済的便益に関するプレゼンテーションを行い、プログラムを完成させる予定です。投資家、企業経営者、技術者、学者/学生、政府管理者などの参加者は、MEMS /センサーの技術や応募に関する最新の重要な情報を得るために、この終日イベントに参加することを勧められています。イベント前のカクテルパーティー・レセプションは、ホーチミン市のル メリディアンで、2017年11月8日午後6時30分から開催される予定です。“ガラ”ディナーは、2017年11月9日夕方に全参加者に向けて開催されるそうです。登録情報、発表要旨、プレゼンターの経歴は、ワークショップのウェブサイトで入手可能となっています。

ホーチミン市党委員会と人民委員会の意図は、国と都市を電子部品のトッププロデューサーからグローバル電子経済の主要事業に効果的に変えるための包括的な計画を打ち出すことです。このプロジェクトは、国際的に競争の激しい技術企業を大幅に立ち上げ、最終的にはホーチミン市を主要な技術拠点にすることを目指しています。HCMCの党書記であるグエン・ティエン・ナン博士は、HCMCのシリコンバレーUSAモデルの作成をうまく模倣することに最も関心があることを表明しました。ワークショップの目的は、政府、科学界および学界を含む様々な利害関係者間の参加と対話を促進することであるホーチミン市の指導者との関わり合いであり、MEMS /センサー技術の実現可能性に対する意識を高めるだけでなく、飢餓の排除、不十分/非効果的/高価な医療、過度の汚染、無駄なエネルギー政策など、世界の多くの問題を解決する。これらの問題はすべて、ニューヨークタイムズのベストセラー小説である「豊かさ:未来はあなたが思っているよりも優れている」、ピーター・ディアマンディスとスティーブン・コトラーが共著の小説で表されています。

「MEMSワークショップは、MEMS /センサー分野のアプリケーション開発者や、このハイテク分野に関心のある開発者が、個人的に会い、知識、経験、相互利益を共有する優れた効果的な機会を提供するでしょう。また、ベトナムでの重要な商用車の創設の触媒としてのMEMS /センサー技術下部組織の実現可能性と重要性に関する情報に基づいた理解を提供することが期待されています」と、ワークショップ会長であるル・ホアイ・クオックは表明しました。
ホーチミン市のリーダーシップは、この目的のために多くのインセンティブを利用して、この分野で将来の投資家を奨励するために可能で有利な条件と環境を作り出すことに全力を尽くしています。したがって、MEMS /センサーの開発と製品化の採用は、この目標の実現の主要な要素となっています。ワークショップは、この目標を達成するために、このイニシアチブを“飛躍”させるための決定的で最初のステップの1つになると期待されているそうです。

サイゴンのハイテクパークについて
ベトナムのホーチミン市(HCMC)第9地区に位置するサイゴンハイテクパーク(SHTP)は、2002年10月24日にベトナム政府によって設立されました。この公園は913ヘクタール広さの地域に開発されており、2つの開発段階を備えています。市内中心部、空港、海港に近接し、43の工業団地と南部経済圏の輸出加工区域に囲まれた戦略的な立地で、“技術と科学都市、”HCMCとベトナム国家の中心そして先陣となるための完全な利点を持ち備えており、 HCMCとベトナム国家の中心となりました。そしてそのサイゴンハイテクパークは、インテル(米国)、日本電産(日本)、サノフィ(フランス)、データロジック(イタリア)、マイクロチップ(米国)、ソニオン(デンマーク)、そして主要な国内教育機関やFPT社、ヒューテック社やナノゲンなどの企業も含む、世界的なハイテク企業プロジェクトの見事な投資先となることに成功しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です