ベトナムのIT専門家達の高い需要から給与引き上げ

同国は、今後ソフトウェア開発のアウトソーシング中心国の1つになりうる、と業界関係者は述べています。
 
最近の調査によると、ベトナムの発展している情報技術(IT)は募集需要を押し上げ、技術職の給与を引き上げていると見られています。

81%のIT企業が年率6%から20%の年間給与を計画していると回答したことから、職業募集企業であるベトナムワークスも昨年末に数千人のITや他の専門家、そして企業共に実施した調査で同様の計画を表明しました。
業界の雇用需要はこれまで以上に高まっており、今後数年間にわたってこの傾向は続くでしょう、と同調査は指摘しました。

キャリアリンクベトナムのデータによると、技術者の数は過去3年間で2倍となり、ベトナムは現在約25万人のエンジニアを抱えているが、2018年末までには40万人以上が必要になると付け加えました。経験豊富なソフトウェア開発者とマネージャーは依然として高い需要があると同調査から判明されています。
近年、給与は大幅に増加しており、多くの企業は従業員を引きつけ維持するために寛大な賞与を提供しています。この調査によると、少なくとも2年間の経験を持つITプロフェッショナルを必要とする仕事の場合、日本人であってもベトナム人であっても過去最高額へと増加している傾向にあるとわかっています。

15年前に日系企業だけでなく外資系企業の多くが低コストの技術アウトソーシングの機会を得ようとインド以外の国々に目を向け始めたときに、ベトナムではソフトウェア開発サービスを提供し始めた。
IT系人材紹介会社の統計によると、ベトナムのIT労働コストが中国やインドよりも40%安いと見積もっています。しかし、現地のテクノロジー企業は、他のサービスへの多様化が進んでいるのが現状と考えています。これにより、日本人IT技術者の需要としては、組織管理や情報管理などの他の分野の専門家の採用が促進されると見込まれています。

IT関連の就職や転職はキャリアリンクベトナム
ベトナムのIT系プロフェッショナル人材はロバートウォルターズ(サイトは英語のみ)
 
現在、キャリアリンクベトナムによれば、少なくとも2年以上の経験を有するソフトウェアエンジニアが依然として需要が高いと考えています。ホーチミン市は依然として同国の雇用需要の53%を占めるIT中心地となっています。この調査によると、ハノイ市は43%、ダナン中心都市は4%を占めています。

専門家は、クラウド算定、大規模データ、組織管理、そして情報管理の専門家の需要が高まると予測しています。2017年のIT業界の重要なトレンドは、大規模データの専門家の募集を促すでしょう、とベトナムプラスは、PYCOグループの役員であるヴィン・グエン氏を挙げて表明しました。
 調査によると、回答者の44%が、より良い給与と利益を提供する仕事へと変更することを考慮に入れています、と明らかにされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です