ベトナムの日系IT会社で働く方法まとめ

東南アジアの中で日本人ITエンジニアに人気のある国の一つであるベトナムにて日系IT会社で働く方法をまとめてみました。ベトナムは公用語がベトナム語になっており、このベトナム語は読めるけど話せないと言われるくらい、発音が凄く難しい言語となっています。そのため、日系IT会社以外ですと、ベトナム語を話す必要性が高いです。何年か住んでベトナム語を話せるようになってからであれば、日系IT会社以外でも就職先を見つけることができます。ただ、いきなり日系IT会社以外に就職するにはとてもハードルが高いので、ベトナムで最初に就職するのは日系企業の方が良いでしょう。

ベトナムでは、日本人だけでなく外国人が働くには就労許可証の取得が必要となります。(細かな取得条件はベトナムの労働許可証(ワークパーミット)と必要書類[外部リンク]にて確認してください。)この就労許可証を取得せずに働くことは相当なペナルティ(10年間の国外追放など)を受けることがあるので、気をつけてください。

では、本題である日系IT会社で働く方法を紹介していきます。

①求人情報サイトで探す

ベトナムには多くの求人情報サイトがあります。ほとんどの求人情報サイトはベトナムにある人材紹介会社が運営しているため、日本の求人情報サイトと比べるとサービス面でしっかりとしていることが特徴です。

幾つかベトナムで有名な人材紹介会社が運営している求人情報サイトを紹介します。

サイト名:キャリアリンク ベトナム

URL:https://kyujin.careerlink.asia/vietnam

サイト名:Jerry Fish HR Agent

http://jellyfishhr.jp/

サイト名:Career Market

URL:https://kosaido-hr.com/ja/

サイト名:アイコニック ベトナム

URL:https://iconicjob.jp/vietnam/

サイト名:RGFベトナム

URL:https://www.rgf-hragent.asia/vietnam/

ベトナム現地の人材紹介会社ではないですが有名な海外求人情報サイトを紹介します。

サイト名:カモメアジア転職

URL:http://kamome.asia/vietnam/

サイト名:アジアdeオシゴト

URL:http://www.asiadeoshigoto.com/

②検索エンジン
Google検索で「ベトナム ITエンジニア 就職」などと調べると、上記にあげた求人サイトのITエンジニアページが引っかかりました。この記事を書いている4月12日現在、1ページ目に表示されていた上記の求人情報サイトはカモメアジア転職・RGFベトナム・アイコニックベトナム・キャリアリンクベトナムでした。

③フリーペーパー
日本やベトナム国外に住んでいると出来ないことですが、もしベトナムに滞在しているなら、スケッチ・ベッター・SKなどのフリーペーパーをみてください。現地採用向けの求人情報が掲載されていることがあります。

④SNS
最近、情報漏洩だとかで何かと話題になっているフェイスブックですが、求職者にとってはありがたい情報が無料で手に入ることが多くあります。コミュニティーに参加したり、グループに参加したり、日記でベトナムで就職したいと書いたりするだけで仕事が見つかることもあります。